CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
夏休みゲーム会2018
0
    先日、夏休みゲーム会をしました。
    夏休み、入院中の子供と保護者が楽しめるゲーム会があっても
    よいだろうというのが動機。
    昨年の様子。


    今年は2時間。
    今年度も年齢別にテーブルを分けたかったので
    2名の友人に手伝ってもらいました。
    お手伝いのお願いが直近になったのですが快諾していただけました。
    有難うございました!

    ゲームは幼児向け多めで13個。(写真には無いけどドメモも)
    今年はそれぞれのゲームに一言ゲーム紹介を書きました。





    こちらから提供するだけではなく病棟スタッフの方や
    子供もゲームを選べるようにしました。
    当日は2時間ほど前に集まってゲームのルール確認と担当を決めました。
    遊ぶ上での約束事は
    ・ルールは子供に合わせて改変してよい。
    ・一緒に遊ぶ。

    その後、病院側のチェックを受けて準備をはじめました。
    テーブルにゲームのコンポーネントを広げて見てわかるように置きました。
    開始直後から終わりまでずっと遊んでくれたので
    全体を見る余裕があまりなかったのが残念。
    結局子供保護者含め7-8人の参加でした。
    昨年に比べ保護者の参加が少なく大きい子が増えました。
    アイスブレイカーゲーム、ガスアウト、ブロックスがよく動いていました。

    課題は
    ・大きい子は少し時間のかかるゲームを望んでいたが、全体の時間、
    人員、年齢層からすると対応が難しい。
    ・難しめで短時間で終わるゲーム。
    ・ギミックのあるゲーム、立体的なゲームはもっとあっても良い。
    ・豪華なコンポーネントのゲーム。
    運営上の課題もいくつか。

    子供も病棟スタッフの方の反応も良かったので
    改善してまた開催出来たらと思います。
    | ボードゲーム | 07:10 | comments(0) | - |
    対話型鑑賞
    0
      昨年に続き対話型鑑賞。


      アイスブレイクにアートカードを使い、
      「今の気持ち」を選んで発表してもらいました。
      無意識に「見る聞く話す」を体験してもらいます。

      その後はアートカードを使ってお絵描きゲームをしました。
      親が1枚絵を選んで口頭で説明します。
      子は質問は出来ず、親の言葉で絵を再現します。時間は3分。
      「ブラインドトーク」ならず「ブラインドドローイング」です。
      因みにお題は「元永定正 ZZZZZ」

      この「ブラインドドローイング」大発明と思ったけど
      学生に「あ、やった事ある」と言われたので定番のようです。
      この時の約束事は
      ・親は子が聞き取れるように大きい声で話す。
      ・親は子が描きやすいようにわかりやすく伝える
      ・子は親の言葉をしっかり聞く

      このゲームは楽しかったようで、10回近く遊びました。
      回数を重ねるごとに本物に似るようになりました。
      このゲームを通じて、
      ・絵を言葉に置き換える
      ・言葉を聞いて絵をイメージする
      を体験してもらいました。
      休憩を挟んで対話型鑑賞に移りました。

      今回鑑賞するのは、北脇昇の作品。


      最初は発言する子も少なかったのですが
      少しづづ声が出てきました。
      「影がおかしい」「緑と白の別世界」「お墓みたいなのがある」
      「死んでしまっているのでは」「天国と地獄」
      「奥の行列に行けば天国に行く」
      「奥から死んだ人がこっちに来てるのでは」
      「画面右の白いのは霧」「この人が天国か地獄か決めている」
      「左の殻から出てきた」「殻は成長を表してるのでは」
      と感想がでました。

      作品タイトルは「クォ・ヴァディス」
      ※ラテン語で「どこへ行くのか?」の意味。
      みんな絵から様々な印象を受けていたようです。
      | 美術の時間 | 00:10 | comments(0) | - |
      年長さんと「大きい紙に描く描く」
      0
        年長さんと「大きい紙に描く描く」
        外で描くつもりでしたが連日の猛暑と
        熱中症の危険から室内に変更。
        室内にはクラフト用紙、模造紙、画用紙の三種類を敷きました。

        最初にそれぞれの紙を触ったり見てもらうと
        「ザラザラ」「少しサラサラ」「サラサラ」
        「茶色」「少し白」「白い」など違いを教えてくれました。
        iPhoneImage.png
        まず最初は溶いた絵具を点々と垂らしてストローで吹くと
        絵具が伸びて広がります。

        「ドリッピング」の技法で色が混ざったり
        伸びて他の子と繋がったりして遊んでもらいました。


        暫くするとストローを筆代わりに描きだす子や、
        ストローに絵具をたっぷりつけて、「パッ」と振り下ろし
        絵具の雫が紙に広がる様子を楽しむ子も現れました。


        手を絵具に付けてスタンプする子も出てきました。
        他の子が「いいの?」と聞くので「良いよ」と答えると
        手足を使って色塗りが始まりました。

        「白いところが見えなくなるまで塗ってみよう」
        「他の人のところにも重ねて塗ってみよう」と伝えました。


        ヌルヌルが楽しくなってきたので絵具に洗濯糊を混ぜてみました。
        ヌルヌル絵具で紙に飽き足らず、今度は自分の手足にも塗りだしました。

        どこからともなく「ゾンビ〜」と声がします。
        みんなの手足が絵具だらけになったところでお終い。


        今日の感想を聞くとドリッピングが楽しかった子が多かった。
        「お家の人にストローも教えてあげてね」と伝えました。
        お家でやってくれるかな。
        次回は今回描いた絵を素材に遊ぼうと思います。

        ほぼ同時期に2歳と同じ遊びをしたのですが
        5歳になると集団生活を過ごす為に
        必要な知識や知恵を日々学んでいるので
        (こうやりたいけど、やっても良いのだろうか?)
        (先生が言った事しかやってはいけないのでは?)
        と考えたり確認する事が多くなるように思いました。

        それが悪いわけではなく、関わる大人が
        子供たちの興味関心に蓋をしてしまわないように
        受け入れつつ導いたり、
        判断を誤らないようにしなければならないなと改めて思いました。



        | ワークショップ | 00:00 | comments(0) | - |
        2歳さんと「大きい紙に描く描く」
        0
          2歳さんと「大きい紙に描く描く」
          床に画用紙、壁にクラフト用紙を貼って絵具遊び。


          最初に指に絵具を付けてちょんちょんと紙に付けてみようと提案。
          しかしバチャバチャと手を付けて早速自由に塗りだしました。
          そりゃそうだ。
          絵具の感触と冷たさを存分に感じて画面もどんどん埋まっていきます。
          足を使って塗りだす子も。顔も身体にも絵具。
          中には絵具が付くのが苦手な子もいましたが、出来る範囲で触りながら
          遊んでいました。


          絵具はどんどん減っていったので
          多めの水を入れた絵具を準備。
          少し坂になっている所から絵具を流してみました。
          他の子も自分もやりたい!と空っぽの絵具入れを持ってきます。
          水と絵具を混ぜて渡すと「ジャ〜」と絵具を流して
          絵具が画用紙の上にたまりました。その色水を手につけてさらに塗ったり。

          床に敷いた紙と壁に貼った紙に一通り描いた後は、
          教室の窓ガラスに気づきました。

          子供は躊躇なく窓にもヌリヌリ。
          ※先生と事前に窓ガラスに塗っても楽しいね、と打合せ済みでした。
          子供から気づいて塗ってくれたのは良かった。
          部屋の中には1歳さんがいます。窓の向こうから興味深く見る1歳。
          そして窓越しに先生の顔にもヌリヌリ。

          子供は絵具遊びをしながら色の違いも認識しています。
          窓に塗られた色とガラス越しの先生の服の色などを見比べて
          「同じ」と指さしていました。
          これは支持体が透明だから直ぐに気づけた事かもしれません。
          他の子も次々「同じ」を探していました。

          さぁそろそろお片づけかな、と思った頃に、
          1人の子が床の紙をビッと引っ張ると
          “ビリビリ“と紙が破れました。
          それを知った他の子供達も一切にビリビリと破り出しました。
          壁に貼った紙も強い力で破っていました。
          これも予想通りなので自由にやってもらいます。


          しかし何故かみんな紙を一箇所にまとめてくれます。
          すっかり紙が集まったところで全員集めて
          「この紙どうしよう」と聞くと「ゴミ収集車!」と
          捨てるように教えてくれました。
          が「折角なのでお家の人に見てもらおうか」と提案すると
          「パパに」「おじいちゃんに見てもらう」との事。

          紙を上手に重ねてお終い。
          お迎えの時に見てもらいましょう。





          | ワークショップ | 22:38 | comments(0) | - |
          「ビー玉コロコロ」
          0
            今回の病棟遊びは「ビー玉コロコロ」
            参加者は3歳くらい〜保護者まで13名。


            お菓子の箱やプラスチックのトレイなどに画用紙を敷いて、
            絵の具に漬けたビー玉を転がしました。

            最初は遠巻きに見ていた子も後半は参加してくれたり
            1時間ほど遊んでくれた子もいました。
            保護者の方も楽しんでくれてお家でもやってみようと仰っていました。
            準備も簡単だしおすすめです。


            そして完成した絵は有名芸術家が描いたようです。


            みんな2.3枚は描いてくれました。
            慣れてきた子はトレイにビー玉を置き、上から色々な絵の具を垂らして
            動かしながら混色をしていました。面白い!!




            今回もスタッフの方が「てるてる坊主」型の画用紙や
            色画用紙を準備してくださいました。
            完成した「てるてる坊主」は飾ってくれるそうです。
            今年は梅雨が少し楽しみです。
            | ワークショップ | 22:41 | comments(0) | - |
            6月ゲームの日
            0
              6月ゲームの日。
              用意したのは「ワードバスケット」「ブロックス」「ウミガメの島」

              最初は全員でウミガメの島。

              僕も一緒に遊びながらルール説明。
              しかし人数が増えてきたので途中交代。

              その間に別テーブルで「ワードバスケット」「ブロックス」を準備。
              ウミガメの島が終わったので、遊びたいゲームの席に移動してもらうことに。
              見た目で内容の想像が出来る物を準備しておいて正解でした。

              ブロックスは昨年遊んだ事のある子に説明を頼みました。

              「スプラトゥーンと一緒」と説明していました。
              そうなのか。僕には解らない。。
              でも皆ルール自体は正確に理解していました。

              ワードバスケットは僕がルール説明をしながら一緒に遊びました。

              普段クールな子がやたら強かったり、
              みんな言葉知っているんだなぁと新たな一面を発見できました。

              その後それぞれのゲームを交換して全てのゲームで遊んでもらいました。
              どのゲームも楽しかったそうですがブロックスが一番人気でした。

              若者同士でルールの説明が出来る事も解ったし、
              普段と違う表情、姿が見れた事がとても良かったです。
              | ボードゲーム | 01:13 | comments(0) | - |
              ノコギリと迷路
              0
                年長さんとビー玉迷路。

                空き箱に木などの素材を付けて自分でおもちゃを作ります。
                ただ貼るだけだと味気ないので、
                自分で迷路に使う木を切ってもらう事にしました。
                とはいえ一人1カットのみ。

                鋸の説明の時はみんな真剣に聞いてくれました。
                「鋸使ったことある?」と聞くと
                2.3人は手を挙げてくれました。
                「危ない」という発言もありましたが
                正しく使えば便利な道具であると説明すると納得してくれました。

                最初の切り始めは僕と切りながら。
                リズムが把握できたら一人で切ってもらいました。
                最初は鋸を前後に動かす事も難しいけれど
                ある時を境に皆スムーズに切れるようになりました。
                素晴らしい。

                迷路制作の方は子供達の想像力が溢れていました。

                二階建ての迷路


                トンネル、滑り台など。


                細い棒を立てる為にコルク栓で挟んだり。
                みんな他の子の迷路も気になるようで交換しながら遊んでくれそうです。

                鋸体験は緊張したけれど楽しかったみたいです。
                また色々な事に挑戦してもらいたいと思います。

                | ワークショップ | 23:58 | comments(0) | - |
                「天体観測展」に参加します。6/20-26阪急百貨店うめだ本店 7/13-29中崎町ギニョール&JAMPOT
                0
                  6/20〜26阪急百貨店うめだ本店10階で行われる
                  「天体観測展」に参加します。
                  7/13-29は中崎町本店ギニョールJAMPOTで開催されます。

                  作品は2点。
                  素材は主に楠、ウォールナット。
                  作品が売れないと支払いも滞る現実なので誰か買ってください。
                  (切実)せめて現物見に来てください。損はさせないから!

                  以前月モチーフの作品(画像は一番下)を作った時に
                  派生したイメージが合ったので今回はそれを形にしました。



                  「Time to go.」110×100×680mm


                  「Templo de la Luna」180×120×500mm

                  「Templo de la Luna」は「月の神殿」をイメージしました。
                  魔法の杖ぽいなと思ったり。

                  これが以前作った「sora-no-kuni」


                  余談ですがインドネシアで「sora-no-kuni」を展示したとき
                  現地の方に「月にはウサギが住んでいて、」と話すがやはり伝わらず。
                  月の写真を見せ「これが耳に見えて」と説明しました。
                  「インドネシアでは月にウサギの姿は見えない」との事でした。

                  | 作品 | 12:18 | comments(0) | - |
                  「しょくぶつ、いきもの」
                  0
                    5歳さんと「しょくぶつ、いきもの」のプログラム。
                    今回は以前見たシルバーナ・スペラーティさんの
                    プログラムを参考に子どもたちと大きな紙に絵を描きました。

                    まず園庭から植物を1人1つ選採取しました。


                    選んだ植物を嗅いでもらうと
                    「雨の匂い」「何の匂いもしない」「トマトの匂い」
                    「ジャガイモの匂い」など教えてくれました。
                    (当日は朝方まで雨で採取の後は雨が降りました)

                    次に指で撫でたり触ってもらいます。
                    ツルツル、サラサラ、ガサガサ、ザラザラ。
                    みんな今までに知った単語や言葉で沢山教えてくれました。

                    教室に戻ったら長い紙に植物を観察しながら描きます。

                    最初は青と黄の絵の具のみ。
                    絵の具の量で色が変わることを見てもらいました。
                    少し画面に緑が増えて来た頃にもう一度植物を観察してもらい、
                    取って来た植物にどんな色があるのか教えてもらうと紫、赤の声が。
                    次は赤と白も用意しました。


                    葉っぱの点々模様や形をじっくり描いています。



                    沢山の植物が出来たので、次は植物に集まる生き物を描きます。
                    てんとう虫、カタツムリ、カブト虫、蜂、蝶、、
                    子供たちは普段からよく観察しているようで、
                    葉っぱに集まるアブラムシや、採取した葉っぱに付いていた虫を
                    描く子もいました。


                    完成後の発表の時には、植物の伸びる形が難しかった
                    と教えてくれる子も多くいました。
                    しっかり見ていた証拠でもあるけど、筆を使って
                    沢山描くこと、色混ぜ遊びを事前にやっておくべきだったな、と反省。
                    最後に描き終わった植物は「肥料になるかも知れないから」と
                    伝え園庭に戻しました。


                    余談だけどブルーノ・ムナーリ(1907 - 1998)と
                    ローリス・マラグッツィ(1920 - 1994)は
                    どの程度交流があったんだろう。
                    | ワークショップ | 22:52 | comments(0) | - |
                    いろいろなモノに描く描く
                    0
                      今回は2歳さんと「いろいろなモノに描く描く」プログラム。
                      お家でも園でもお絵かきをしているとの事。
                      今回は色々な支持体を用意。
                      様々な触感に出会う。
                      描く行為は同じでも表現が変わる。これらを知ってもらう事が目的です。

                      「手で撫でてみて」と言いながらコピー用紙を渡します。
                      全員に紙を触ってもらったら次はプチプチ(梱包材)を渡します。


                      「どんな感じ?」と聞くと「スルスルしてる」と教えてくれる子もいました。
                      まだまだ触感を言葉にするのは難しいと思いますが感覚は伝わります。
                      そしてザラザラの紙やすりも触ってもらいました。

                      iPhoneImage.png
                      寝転んだり、好きな支持体、好きな色で自由に描いてもらいました。









                      他にも色画用紙、波ダンボール、アルミホイルなどに
                      線を描いたり、トントンと叩いたり、クレヨンを転がしたり。
                      沢山描いてもらいました。

                      最後は全員でお片付けをしておしまい。
                      今回の経験を活かして次回は別の画材でも描いてもらいたいと思います。


                      | ワークショップ | 11:46 | comments(0) | - |
                      | 1/10PAGES | >>