CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
対話型鑑賞
0
    昨年に続き対話型鑑賞。


    アイスブレイクにアートカードを使い、
    「今の気持ち」を選んで発表してもらいました。
    無意識に「見る聞く話す」を体験してもらいます。

    その後はアートカードを使ってお絵描きゲームをしました。
    親が1枚絵を選んで口頭で説明します。
    子は質問は出来ず、親の言葉で絵を再現します。時間は3分。
    「ブラインドトーク」ならず「ブラインドドローイング」です。
    因みにお題は「元永定正 ZZZZZ」

    この「ブラインドドローイング」大発明と思ったけど
    学生に「あ、やった事ある」と言われたので定番のようです。
    この時の約束事は
    ・親は子が聞き取れるように大きい声で話す。
    ・親は子が描きやすいようにわかりやすく伝える
    ・子は親の言葉をしっかり聞く

    このゲームは楽しかったようで、10回近く遊びました。
    回数を重ねるごとに本物に似るようになりました。
    このゲームを通じて、
    ・絵を言葉に置き換える
    ・言葉を聞いて絵をイメージする
    を体験してもらいました。
    休憩を挟んで対話型鑑賞に移りました。

    今回鑑賞するのは、北脇昇の作品。


    最初は発言する子も少なかったのですが
    少しづづ声が出てきました。
    「影がおかしい」「緑と白の別世界」「お墓みたいなのがある」
    「死んでしまっているのでは」「天国と地獄」
    「奥の行列に行けば天国に行く」
    「奥から死んだ人がこっちに来てるのでは」
    「画面右の白いのは霧」「この人が天国か地獄か決めている」
    「左の殻から出てきた」「殻は成長を表してるのでは」
    と感想がでました。

    作品タイトルは「クォ・ヴァディス」
    ※ラテン語で「どこへ行くのか?」の意味。
    みんな絵から様々な印象を受けていたようです。
    | 美術の時間 | 00:10 | comments(0) | - |
    水彩と絞り染
    0
      若者と水彩、絞り染をしました。

      水彩は小学校以来という子が殆ど。
      にじみを意識して色遊び。筆に慣れてもらいました。
      その後は感じた色で林檎、文字を描いてもらいました。




      別の日には絞り染。
      (みんな染めなんてビックリするだろうな!)と思って
      準備してたのですが「やった事がある」という子が殆どで
      僕が驚きました。
      計量、かき混ぜる、記録写真なども自分達でやってもらいました。
      個人の作品だけど全員で作れたので良かった。




      | 美術の時間 | 23:06 | comments(0) | - |
      キュビズムで描いてみる
      0
        今回はキュビズムをテーマに授業。
        ピカソの自画像の変移を見ながらキュビズムの紹介。

        次にフアングリスのギターの絵を見てもらい
        「何が描かれているかクイズ」正解者はいなかったけれど
        (後で聞くとギターを生で見た事なかった)
        スコップ→包丁→カギ
        とだんだんギターに似た形に見え方が変わっていきました。

        見る事に興味持ってくれたので、
        次はゲルニカの画面に描かれてるものを見つけて各自書き出し。
        多面的に描かれているので、手に見える子もいれば
        魚に見える子もいて「見方が異なる事の面白さ」も伝わりました。

        2時間目はキュビズム風に描く事に挑戦。


        交互でモデルになり、正面、横の顔を5分づつスケッチ。


        それらをバラバラに切って再構成。モデルのイメージに着色して完成。

        再構成は戸惑うかな、と思いましたが、スラスラと組んでいました。

        「何故その色に塗ったのか」という質問には
        「見た感じ元気で明るい感じだから黄色だけど、
        本当はそんな事ないのが見えたので青色」
        「耳の穴がピンクなのは普通聞こえないものが聞こえる為」
        など教えてくれました。

        資料で見せた、ピカソの「泣く女」の印象が強かったようですが
        モデルのイメージで色を考えたり工夫をしてくれました。


        | 美術の時間 | 19:43 | comments(0) | - |
        対話型鑑賞
        0
          今回はいつものように描いたり作ったりしない鑑賞。
          6名が参加。
          最初はアートカードを使ってアイスブレイク。

          今の気分で一枚選んでその理由を発表してもらいます。
          リラックスしたいから、楽しい気分だから、
          絵の○○の部分が気になったから等々。

          見る考える話す聞く、の練習も出来たので次はスライドを使って
          シャガールの「旅する人々」を鑑賞。(タイトルは伏せて)

          鑑賞の約束事を確認してから、1分間じっくり絵を見てもらいました。

          最初は「貴族と庶民がいる」
          「左の人?が右の人にプロポーズしてる」
          「キュビズムぽい」「ミュージカル」
          「青い鳥か魚の中にいる人は2人の子供かも」
          「女の人の子供かも」「緑の顔は二重人格」
          「画面の上は天国で下は地獄」
          「2人の視線はあってない」
          「左の人は熱があるけど女の人の気持ちは冷めてる」
          「赤い鳥、青い生き物は2人の化身」
          など人の意見を聞いてイメージも変わり、
          どんどん意見してくれるようになりました。
          およそ30分。

          最後にもう一度じっくり鑑賞して終了。
          第一印象、感じた事、作品のタイトルを考えて書いてもらいました。

          提出してもらったプリントには
          「難民?」「死んだ世界」「恋」
          「全ては劇だったのではないか」などドキッとする意見が書かれてました。

          終わりにシャガールの生涯、作品を紹介して終わりました。


          人の意見を踏まえて自分の意見を話す姿が見れてとても嬉しかった。
          昨年とは違う組み立てで進めましたが、今回の方がよりじっくり見てくれたように思います。

          | 美術の時間 | 18:20 | comments(0) | - |
          | 1/1PAGES |