<< 行ってみたいなあんなところ | main | 台湾で「みたてマグネット」 >>
対話型鑑賞
0
    覚書。
    「モナ・リザ」で対話型鑑賞。


    作品が身近に感じられるように有名な作品を準備。

    「モナ・リザ」を知っていた人は数人。
    「口は笑っている」「目が笑っていない」「裏表がありそう」
    そして人物から背景へ視線を移してみると
    「森の中」「一人で住んでいるのかな」
    「魔女みたい」「少し寂しそう」
    次第に「作者の今の心境なのかな」という意見も。
    視点を移す事で整理され、見た目から内面へと、より考えが深まっていた様子。
    | 美術の時間 | 01:51 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする