<< キッズプラザ大阪で 「みたてブローチ」2018 | main | 1-2歳さんと絵の具遊び >>
インドネシアの小学校で「みたてブローチ」
0
    インドネシア スラバヤの
    Sekolah Kreatif Baratajaya小学校で
    「みたてブローチ」を行いました。

    校名に クリエイティブ (Kreatif) とあるように校内は刺激を受ける、
    面白い作りになっていました。



    今回は4年生126名!
    普段は一度に15-20名と対応しているので戸惑いましたが、
    前後半に分けて行いました。

    今回は木が沢山入った袋に目をつむって手を入れて、
    「みたての木」を選んでもらいました。
    これは子供も楽しんでくれました。


    導入後、すぐに形を見つけて製作する子が殆どでした。




    「Ini apa?」(これは何?)だけは覚えたので、
    その言葉とジェスチャーで会話してました。
    お互い向いてる方向が同じなので何も問題は無かったです。

    そして完成!


    完成した作品を見ていると、日本や台湾では見られなかった、
    ドットや細かい線の装飾表現が多く見られました。

    先生に伝えると「バティックのイメージ」との事。
    確かに子供たちや、人々が着ている特産のバティックに似ている。
    やはり表現には経験や文化面が現れる。
    これはとても興味深い発見でした。

    いつも完成後は一人一人の作品を発表してもらうけれど
    今回は無理なので、WS終了後に先生方に
    「子供の作品を見て話を聞いてあげて欲しい」と伝えました。

    先生方と若干の振り返りの後、子供の教室に行けたので、
    子供たちに「今日やった事を友達や家族と話してみて」
    「困った時は、みたてた時のように色々な視点で見てみよう」
    と伝えました。
    WSを通して伝えたい事は沢山あるけれど、
    いくらかは子供にも先生方にも伝わったかなと思っています。
    一緒の時間を楽しく過ごせて良かったです。
    先生方、通訳のGemilangさん、そして4年生のみなさん
    ありがとうございました!
    | ワークショップ | 00:28 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする