<< 対話型鑑賞 | main | 水彩と絞り染 >>
キュビズムで描いてみる
0
    今回はキュビズムをテーマに授業。
    ピカソの自画像の変移を見ながらキュビズムの紹介。

    次にフアングリスのギターの絵を見てもらい
    「何が描かれているかクイズ」正解者はいなかったけれど
    (後で聞くとギターを生で見た事なかった)
    スコップ→包丁→カギ
    とだんだんギターに似た形に見え方が変わっていきました。

    見る事に興味持ってくれたので、
    次はゲルニカの画面に描かれてるものを見つけて各自書き出し。
    多面的に描かれているので、手に見える子もいれば
    魚に見える子もいて「見方が異なる事の面白さ」も伝わりました。

    2時間目はキュビズム風に描く事に挑戦。


    交互でモデルになり、正面、横の顔を5分づつスケッチ。


    それらをバラバラに切って再構成。モデルのイメージに着色して完成。

    再構成は戸惑うかな、と思いましたが、スラスラと組んでいました。

    「何故その色に塗ったのか」という質問には
    「見た感じ元気で明るい感じだから黄色だけど、
    本当はそんな事ないのが見えたので青色」
    「耳の穴がピンクなのは普通聞こえないものが聞こえる為」
    など教えてくれました。

    資料で見せた、ピカソの「泣く女」の印象が強かったようですが
    モデルのイメージで色を考えたり工夫をしてくれました。


    | 美術の時間 | 19:43 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする