CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 年長さんと「大きい紙に描く描く」 | main | 夏休みゲーム会2018 >>
対話型鑑賞
0
    昨年に続き対話型鑑賞。


    アイスブレイクにアートカードを使い、
    「今の気持ち」を選んで発表してもらいました。
    無意識に「見る聞く話す」を体験してもらいます。

    その後はアートカードを使ってお絵描きゲームをしました。
    親が1枚絵を選んで口頭で説明します。
    子は質問は出来ず、親の言葉で絵を再現します。時間は3分。
    「ブラインドトーク」ならず「ブラインドドローイング」です。
    因みにお題は「元永定正 ZZZZZ」

    この「ブラインドドローイング」大発明と思ったけど
    学生に「あ、やった事ある」と言われたので定番のようです。
    この時の約束事は
    ・親は子が聞き取れるように大きい声で話す。
    ・親は子が描きやすいようにわかりやすく伝える
    ・子は親の言葉をしっかり聞く

    このゲームは楽しかったようで、10回近く遊びました。
    回数を重ねるごとに本物に似るようになりました。
    このゲームを通じて、
    ・絵を言葉に置き換える
    ・言葉を聞いて絵をイメージする
    を体験してもらいました。
    休憩を挟んで対話型鑑賞に移りました。

    今回鑑賞するのは、北脇昇の作品。


    最初は発言する子も少なかったのですが
    少しづづ声が出てきました。
    「影がおかしい」「緑と白の別世界」「お墓みたいなのがある」
    「死んでしまっているのでは」「天国と地獄」
    「奥の行列に行けば天国に行く」
    「奥から死んだ人がこっちに来てるのでは」
    「画面右の白いのは霧」「この人が天国か地獄か決めている」
    「左の殻から出てきた」「殻は成長を表してるのでは」
    と感想がでました。

    作品タイトルは「クォ・ヴァディス」
    ※ラテン語で「どこへ行くのか?」の意味。
    みんな絵から様々な印象を受けていたようです。
    | 美術の時間 | 00:10 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする