CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
インドネシアでグループ展
0
    3/9-3/31までインドネシアのスラバヤにある
    House of Sampoernaでグループ展に参加します。

    みやび流押絵 4代目 小西聡甫さんに声をかけていただきました。
    インドネシアの人がどのような反応をしてくれるのか楽しみ。
    個人的にもインドネシアには想いがあるので嬉しい。

    3/8には「みたてブローチ」のワークショップも行います。
    国が違うとどんな作品が出来るのか、これも楽しみです。

    作品もワークショップもやりたい事全部持って行きます。
    みんな来てね!



    | 作品 | 00:56 | comments(0) | - |
    2月ゲームの日
    0
      2月ゲームの日。
      準備したのは「テレストレーション」「ストリームス」「ベガス」
      最終的には8名が参加。


      最初はアイスブレイクを兼ねて「ストリームス」
      1回目はルールを確認しながら練習。
      どこにどの数字を配置すればよいか、先をよめるようになって来たら2回目。
      1回目より高得点を目指します。
      今回は僕が101点で最高得点!面目保ちました。
      二回やって得点を合計して競う、とかにしても良さそう。

      次は「ベガス」 ギャンブルはテンションが上がるようで、
      バッティングを楽しんでいました。

      最後に「テレストレーション」絵の伝言ゲーム。
      得意な子は答えあわせの時に「おぉ〜」と皆から尊敬されていました。
      描くのが苦手な子も楽しめるし、
      みんな気に入ったようで3回ほど遊びました。

      「テレストレーションが面白かった」と教えてくれる子も多かったので
      また時間がある時にやっても良いかな。
      | ボードゲーム | 22:20 | comments(0) | - |
      水彩と絞り染
      0
        若者と水彩、絞り染をしました。

        水彩は小学校以来という子が殆ど。
        にじみを意識して色遊び。筆に慣れてもらいました。
        その後は感じた色で林檎、文字を描いてもらいました。




        別の日には絞り染。
        (みんな染めなんてビックリするだろうな!)と思って
        準備してたのですが「やった事がある」という子が殆どで
        僕が驚きました。
        計量、かき混ぜる、記録写真なども自分達でやってもらいました。
        個人の作品だけど全員で作れたので良かった。




        | 美術の時間 | 23:06 | comments(0) | - |
        キュビズムで描いてみる
        0
          今回はキュビズムをテーマに授業。
          ピカソの自画像の変移を見ながらキュビズムの紹介。

          次にフアングリスのギターの絵を見てもらい
          「何が描かれているかクイズ」正解者はいなかったけれど
          (後で聞くとギターを生で見た事なかった)
          スコップ→包丁→カギ
          とだんだんギターに似た形に見え方が変わっていきました。

          見る事に興味持ってくれたので、
          次はゲルニカの画面に描かれてるものを見つけて各自書き出し。
          多面的に描かれているので、手に見える子もいれば
          魚に見える子もいて「見方が異なる事の面白さ」も伝わりました。

          2時間目はキュビズム風に描く事に挑戦。


          交互でモデルになり、正面、横の顔を5分づつスケッチ。


          それらをバラバラに切って再構成。モデルのイメージに着色して完成。

          再構成は戸惑うかな、と思いましたが、スラスラと組んでいました。

          「何故その色に塗ったのか」という質問には
          「見た感じ元気で明るい感じだから黄色だけど、
          本当はそんな事ないのが見えたので青色」
          「耳の穴がピンクなのは普通聞こえないものが聞こえる為」
          など教えてくれました。

          資料で見せた、ピカソの「泣く女」の印象が強かったようですが
          モデルのイメージで色を考えたり工夫をしてくれました。


          | 美術の時間 | 19:43 | comments(0) | - |
          対話型鑑賞
          0
            今回はいつものように描いたり作ったりしない鑑賞。
            6名が参加。
            最初はアートカードを使ってアイスブレイク。

            今の気分で一枚選んでその理由を発表してもらいます。
            リラックスしたいから、楽しい気分だから、
            絵の○○の部分が気になったから等々。

            見る考える話す聞く、の練習も出来たので次はスライドを使って
            シャガールの「旅する人々」を鑑賞。(タイトルは伏せて)

            鑑賞の約束事を確認してから、1分間じっくり絵を見てもらいました。

            最初は「貴族と庶民がいる」
            「左の人?が右の人にプロポーズしてる」
            「キュビズムぽい」「ミュージカル」
            「青い鳥か魚の中にいる人は2人の子供かも」
            「女の人の子供かも」「緑の顔は二重人格」
            「画面の上は天国で下は地獄」
            「2人の視線はあってない」
            「左の人は熱があるけど女の人の気持ちは冷めてる」
            「赤い鳥、青い生き物は2人の化身」
            など人の意見を聞いてイメージも変わり、
            どんどん意見してくれるようになりました。
            およそ30分。

            最後にもう一度じっくり鑑賞して終了。
            第一印象、感じた事、作品のタイトルを考えて書いてもらいました。

            提出してもらったプリントには
            「難民?」「死んだ世界」「恋」
            「全ては劇だったのではないか」などドキッとする意見が書かれてました。

            終わりにシャガールの生涯、作品を紹介して終わりました。


            人の意見を踏まえて自分の意見を話す姿が見れてとても嬉しかった。
            昨年とは違う組み立てで進めましたが、今回の方がよりじっくり見てくれたように思います。

            | 美術の時間 | 18:20 | comments(0) | - |
            ガーランド作りとボードゲーム
            0
              病棟でガーランド作りとボードゲーム。
              今回は保護者と子供と「ガーランド作り」


              子供達とガーランドを作りたいけれど、色々な生地を用意するのは
              難しいな、と困っていたのですが、
              大阪中崎町にある「ワンピースと洋服の店 cous cous (くすくす)」さんに
              沢山の端切れ(といってもまだまだ使える)を譲っていただきました。
              有難う!!!!

              その可愛い布の中から自分の好きな柄を選び、
              型紙を使って切り抜いてもらいます。

              ハサミは保護者に手伝ってもらいながら、ボンドは子供メインで行いました。
              最初はボンドを塗るのも手間取っていましたがだんだん上手に塗れるようになりました。

              そして完成!


              皆さん「飾ります」と言ってくれたので良かった。
              飾る事で少しでも自分の好きで楽しい環境になってくれたら嬉しい。

              今回は90分間出入り自由にしてもらったのが良かった気がする。
              布の代わりに画用紙に絵を描いても楽しいよ、と伝えたので
              またチャレンジしてくれるかな。
              6名ほど参加してくれました。

              後半はボードゲーム。こちらは7名が参加。
              遊んだゲームは「ガスアウト」「ヒューゴ」
              それぞれ2回づつくらいは遊びました。
              写真は取れず。

              今回も「ガスアウト」はアイスブレイクにバッチリ。
              「ヒューゴ」は年齢層が様々だった事もあり、
              盛り上がり方にも波がありました。
              もう少し駆け引き要素がある方が良かったかな。
              最近は参加者も増えたので僕一人で回すのはちょっと
              厳しい時も。課題だな。


              | ワークショップとボードゲーム | 01:31 | comments(0) | - |
              お山ダンボール
              0
                1-2歳さんと「お山ダンボール」
                事前に準備したダンボールで作った山。
                トンネルになっています。


                ここにクレヨンで色塗りをしてもらいます。
                最初に鉛筆持ちで塗って見せて、次にクレヨンを横に寝かせて塗りました。
                塗り方による表現の違い、
                段ボールのガタガタが現れる事を見てもらいました。

                「山を作る」テーマでしたが1.2歳の子供に大人の決めた色を塗らせる意味も
                無いので好きな色を自由に塗ってもらいました。

                色塗り中に一人の子が「音がする」と言うので
                皆で集まってお話を聞くと、
                ダンボールとクレヨンが擦れる時に音が聞こえる事、を発見してくれました。
                みんなで発見を共有すると
                別の子はダンボールを叩くように塗ると音がなる事も教えてくれました。
                見る、触る以外にも音にも関心を持っていました。

                また別の子はクレヨンを二本持って塗ると、
                2つの色が現れることも発見してくれました。
                それを知った他の子は4本、5本と使って塗ったり。

                その後、準備した丸形段ボールにも塗り
                「ペタッ」と貼ってもらいました。
                床に敷いた段ボールにもお絵かきが始まります。

                描いた絵を教えてくれたのでそれも切り取って山に貼ってもらいました。

                そして完成。

                最後に一人づつトンネルをくぐりました。
                引き続きクラスで山に仕上げるそうなのでどうなるのか楽しみ。


                | ワークショップ | 22:38 | comments(0) | - |
                病棟ゲームの日
                0
                  病棟ゲームの日。



                  今回は「虹色のへび」「アイスブレイカーゲーム」「ガスアウト」
                  「おばけだぞ〜」を持参。
                  病棟にあった「ナンジャモンジャ」「メモリーゲーム」で遊びました。

                  初めて会う子はやはり緊張していたので、最初に
                  ガスアウトの機械を押してもらって
                  「ブッ」と音を鳴らしてもらいました。
                  興味を持ってくれたので、その後はカードをめくって
                  「ブッブッブッ」「ブ〜ッ」と鳴るまで押してもらいました。
                  これで緊張もほぐれました。

                  最初は保護者も交えて「虹色のへび」を。
                  途中で参加者が増えたので4人で遊びました。
                  完全に運のゲームですが子供が1位になってくれました。

                  「アイスブレイカーゲーム」は笑い声が出るくらい楽しんでくれました。
                  これは今後も定番になりそう。

                  その後は「ナンジャモンジャ」これも子供が1位。
                  やっぱり記憶系は敵わない。。

                  次に「おばけだぞ〜」を4人で。
                  このゲーム、負ける気はしなかったけど途中でわからなくなってしまい
                  これも子供が1位。

                  最後に「一番面白かったのは?」と聞くと
                  「アイスブレイカーゲーム」との事。
                  出来るだけ現行で手に入る物で遊んでいるので
                  保護者やスタッフの方に値段やお店も伝えておきました。

                  「病棟にゲームがあってもルールを読んで遊ぶ、はなかなか出来ない」
                  との声がありました。
                  本当にそうだと思います。
                  大人がルール読んでる時も子供は待ってくれないし、
                  ルール読む時間があれば子供とお話したり遊びたいだろうし。

                  今回のように一度遊べば何となく次からは出来ると思うので、
                  活用して楽しんでもらえたらと思います。

                  「一緒に遊ぶ人」が勿論大切だけど、
                  HABAやメーカー、画材屋とか協賛してもらえないだろうか、
                  と考える。
                  | ボードゲーム | 21:32 | comments(0) | - |
                  1月ゲームの日。
                  0
                    新年明けて一度目の授業は久しぶりにゲーム。
                    遊んだゲームの覚書。

                    用意したのは「Take It Easy! 」「キャプテンリノ」
                    「アイスブレイカーゲーム」
                    参加者は6名。

                    「Take It Easy! 」はルール確認しながら1回遊びました。
                    その後「自分のターンでは自分の好きなタイルを選ぶというのはどう?」と
                    提案(スタッフから)があったのでそのルールで2回目。
                    やはり皆9点8点を狙うので高得点タイルが毎回選ばれ、
                    全員が1回目を上回る得点でした。

                    「キャプテンリノ」は学生が自分達で遊びをアレンジ。

                    カードを山札にしてそれを屋根にして壁を建てて行く。
                    細かいルールは抜きにして楽しんでいました。

                    「アイスブレイカーゲーム」

                    1回休みのマスはそのままだと単調だったので、
                    「人形の場所を動かす」に変えて遊びました。

                    ルールをアレンジしながらしながら遊べるのは良い。
                    もう少しゆっくり時間があればなぁ。
                    | ボードゲーム | 01:53 | comments(0) | - |
                    カクカク割りピン
                    0
                      年長さんと「カクカク割りピン」工作。

                      もうすぐ卒園。ハサミも上手に使えるし集中力もついてきたので
                      今回はニードルに挑戦。
                      いつもは描くだけですが、動かして遊べるようにしました。

                      皆で腕を曲げて「曲がる所」を確認しました。
                      膝も曲がる事を教えてくれる子もいました。
                      割りピンを使うと曲げたり、回したり出来る事と
                      ケガをしないように道具の使い方も説明。真剣に聞いてくれました。

                      大きく紙に絵を描く事、
                      描かずに切ってから考えても良い事を伝えてスタート。


                      ペンで好きなもの、動かしたいものを描いています。
                      イメージはあるけれど「動く」を意識しすぎて描けない子もいました。
                      そんな子には絵を描いてから、どこを動かすか、どこを切るかを後から一緒に考える事を提案しました。


                      普段からハサミの練習をしているので厚紙も細かい形も上手に切れました。


                      しっかり押さえて穴を開けています。

                      「穴を開けてピンで留める」と「動く」がリンクしにくい
                      様子でしたが、自分で1箇所、2箇所作って動かすと、そこからはスルスル作る子が殆どでした。

                      また「穴にピンを通す」作業もコツがいるので「出来ない〜」という子も
                      いましたが、これも時間をかけて1つ2つ通す事で一人で出来るようになりました。


                      将来の夢が救急隊の子は救急車のタイヤと、人を割りピンで作りました。
                      赤いランプも描いてます。


                      右上から「額縁と絵」その隣は「時計」「ハサミ」「ルンバ(掃除機)」
                      一番下は「人魚と海と魚」 海は波が動きます。


                      全員の作品を先生が飾ってくれました!
                      初めて出会った頃から色々な経験を積んでこんな事が出来るようになりました。
                      みんな大きくなったなぁ。
                      | ワークショップ | 22:30 | comments(0) | - |
                      << | 2/9PAGES | >>